shampoo

シャンプーの泡立ちについて

シャンプー ラヴェ ルミエをお使いのお客様向けの記事になります。

シャンプーの泡立ちについて

IMG_2647

 

泡立ちについて気になる方 参考になれば 幸いです。

 

泡立ちが悪い 考えらる原因

1、シャンプーをラヴェもしくはルミエに切り替えたばかり

fillisシリーズ ラヴェ ルミエは出来る限り必要なものだけをシャンプーに配合しています。

泡立ちを良くする、手触りを良くするなど使用感を重視したものは配合しておりません。髪や頭皮に付着物が多い場合 泡立ちが悪くなります。例えば コーティング剤がたっぷり入ったシャンプーを以前にお使いであれば 使い始めは泡立ちが悪いケースがよくあります。  泡立ちがよくなるまでは2度洗いをオススメします。

徐々にコーティング剤がおちてくると 1回で泡立ちがよくなります。

2、皮脂や汗、ホコリ

食生活、ホルモンバラスなどの体調や気候の変化によって 皮脂や汗がでやすいときがあります。

お肉やお砂糖たっぷりの甘いお菓子 アルコールなどの摂取が多い時 ストレスなどでホルモンバラスが崩れた時など 体調の変化で皮脂が増える傾向があります。バランスのよい食生活心がける 休息時間を作るなど 体調を整えることで 皮脂バランスも変化します。

また 皮脂のつまりは薄毛や頭皮トラブルの原因になりますので  この場合も2度洗いをおすすめします。

3、髪を十分濡らさずにシャンプー剤をつける

 

IMG_2646

泡立ち=十分に濡らした髪+シャンプー剤+空気

シャンプーをつける前に十分に予洗いをしましょう。

シャンプー剤の量が少ない場合 泡が立ちが悪くなります。適量を。(500円玉が目安です。

髪の量や長さで微調整してください)

特に 汗や汚れがきになる時や スタイリング剤をつけた日は 予洗いをしっかり 1回目は泡立ちが悪くても 汚れを落とす目的でシャンプーをし しっかりすすぎましょう。そうすることで2回目の泡立ちがグンと良くなります。 是非 お試しください。

 

 

まとめ

今日の泡立ちが髪の状態を知るきっかけになります。

1回目で泡立ちが良くなれば 頭皮や髪のバランスが整ってきた目安にりますので 日々のシャンプーの泡立ち 是非 チェックしてくださいね。

 

本来 ダメージが少ない髪であれば トリートメントは必要ありません。

シャンプー1本でサラサラ 根元はふんわり ツヤのある髪をめざしましょう。

 

 

関連記事

シャンプーの目的は?

シャンプーができるまで

img_2155

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください