blog

老けない髪でいること

「髪は顔の一部。輝く髪を作りましょう」

「つややかな髪は宝石にも勝る。清潔な色気とエイジレスな魅力を放ちます」

「髪には残酷なくらい、年齢や美意識が表れてしまいます」

このフレーズは美容家の君島十和子さんが40歳のときに本に書き残したフレーズだそうです。

先日 たまたまテレビ番組の対談を拝見したとき 昔と変わらず 綺麗な方だな。。と思いながら それにしても ”ハリ艶のある綺麗な髪”がなんとなく印象に残っていました。

そのこともあって 先日 彼女が連載しているコラムが目に止まりました。

「50歳を過ぎたら、美人と思われる秘訣は顔より髪にあり」

素晴らしいですね。40代以前から美髪でいることを意識してお手入れをされていたのでしょう。今でも綺麗な髪を維持されているのは 10年、20年も前からのご自身の美容哲学があってこそ。

「美肌は髪をフォローしないが、美髪は肌をフォローしてくれる」という頭髪優位の補完関係があるから。とも

 

私も同感です。いくらお肌のお手入れをしても 髪がバサバサであれば お肌の艶も半減してみえてしまうもの。ですが 髪に艶とはりがあれば お肌の状態は髪がカバーしてくれていると思いませんか?

 

髪は死滅細胞ですから 傷んだものは元には戻りません。

髪のお手入れは出来る限り痛ませないこと。負担になるもの 無駄なものをつけないこと。

そして一番大切なことは頭皮を健康な状態に保つこと。艶のある髪がはえやすい環境を作ることです。

 

 

zerbino naturaはご来店頂いているお客さまが 5年後10年後もご自身の髪が一番いい状態でいれるよう  そんな施術のご提案、お手入れのアドバイスを提供できるサロンを目指しています。

周りから髪が綺麗と言われた!や 髪がすごく扱いやすくなった!艶とハリがでて以前と髪質が変わった。ストレートをかけずに済んだ。 このようなお言葉は何より嬉しいものです。

 

ダメージを受けた髪 悩みを抱えた頭皮は 応急処置はできても ご来店してすぐに改善するものではありません。ですが、月日が経過するたびに改善の道を辿る。 1年後2年後 その先の健康な髪を育てていけるご提案ができれば。とそんな心で 日々皆様をお迎えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください